ENTRY

RECRUIT FAQ
よくある質問

HOME > よくある質問

環境問題への対応

SDGsの取組みやカーボンニュートラル対応等、企業活動への期待が高まる状況下、当社は企業理念(持続可能な明るい未来の創造)や企業存在意義(地球環境負荷低減・資源循環社会への貢献)に沿った事業活動(産業廃棄物の適正処理、廃プラリサイクル事業拡大等)を継続して取り組んでまいりました。
今後の新しいビジネスとして、プラケミカルリサイクル進展に伴うビジネス拡大や、レアメタル回収事業化検討など、将来の事業拡大に向け準備を取り進めております。

〔 SDGsの取組み 〕

株式会社イージーエスは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
こちらは当社の現行事業とSDGsマトリクスの関係についてまとめたものです。
SDGs17ゴールすべてに事業活動が通じていることがお分かりいただけると思います。

環境事業

主力の環境事業では、12:つくる責任・つかう責任 13:気候変動へのアクション 14:海の豊かさへの対応に取り組んでいます。

グリーン、受託・サービス事業

グリーン、受託・サービス事業では、4:質の高い教育 6:安全な水とトイレ対応
8:働きがいと経済成長 11:住み続けられるまちづくり 15:陸の豊かさへの対応があります。

コーポレート部門

コーポレート部門では、5:ジェンダーの平等 8:働きがいと経済成長 17:パートナーシップ確立への対応等です。
未来に向けた新しい事業でも企業価値向上に向け、SDGsゴールにマッチした事業活動の推進に努めます。

〔 CSRの取組み 〕

またCSR活動にも積極的に取り組み、住友化学グループ全体での地域の環境美化等のボランティア活動に加え、独自の取組みとしてエコプランター(廃プラリサイクル品)の小中学校への寄贈や環境講座もスタートさせたところです。今後の地域の皆様への環境問題に対する意識高揚や、若い世代への支援活動、環境保全活動含め、さらに拡大する計画です。

今後の事業について

当社は1983年、住友化学愛媛工場の廃棄物処理事業移管に伴いスタートし、その後、各種工場の機能展開会社として、事業拡大を行ってまいりました。
2019年の企業理念の見直し、会社存在意義(パーパス)の設定を皮切りに、「2030年のありたい姿」を実現するための環境想造事業の具体化、一部立上げを現在鋭意推進中です。

〔 当社の目指す姿 〕

企業理念

私たちは幅広い事業活動を通じて、地域の皆様と
安全・安心を共有し、持続可能な未来を創造します。

会社の存在意義

① 地球環境負荷の低減 
② 資源循環社会への貢献

長期ビジョン

環境 "想" 造事業を通じて人と自然の
新たな共生社会を実現します!

目指す姿

① 社会価値と経済価値向上による持続可能な社会形成への貢献
② 働き甲斐を持って仕事に取組み、仕事を通じて自己成長ができる会社

未来型ビジネスを推進するのは、既存社員を含め、新たな価値観や環境問題解決に対する想いを持った若い世代の方々が中心となります。そういった皆さんに参画していただき、ご自身の成長をベースに夢をかなえていただける会社を目指しています。

拡大する

存在意義(地球環境負荷の低減と資源循環社会への貢献)に即した事業として2つのテーマを設定しています。左上と右下に伸びる矢印は、資源軸すなわち廃棄プラスチックを中心としたリサイクルビジネス、オレンジ色の〇で囲んでいるものが、地域軸すなわち地域課題解決ビジネスです。

1つ目の資源軸ビジネス、すなわちプラスチックリサイクルについて紹介します。
今後、現在主流のマテリアルリサイクルから次ステップのケミカルリサイクルのプロセス開発が進展すると予想されています。そんな中で当社としては、収集運搬や設備管理という面で、これまで培ってきたノウハウの提供等ビジネスチャンス拡大にむけて取り組んでいく予定です。将来的には海の環境保全につながる海洋プラスチックへの対応も検討の視野に入れてゆきたいと考えています。

2つ目の地域軸ビジネスについて紹介します。
昨今の国内の地方都市の共通課題として、主に4つ挙げられます。人口減少、高齢化、子育て環境の整備、社会インフラの老朽化です。当社は長年培ってきた地域防災や化学品の製造に関する安全教育のノウハウを生かして、今までは住友化学や住友化学関係会社社員向けに教育を行っていましたが、2022年度からは外部展開していく予定です。

また次のステップとしては、CO2排出量を定量把握し、植林活動など、環境保全に関する取り組みを会社全体で実施してゆく計画をたてています。

求める人財・
人財像について

まず初めに、当社では求める人財を次のように定義しています。「自らの意思で目標を設定し、その実行計画をたて、実践し成果を上げる人」当社では若手社員のうちから仕事を任せてもらえる環境が整っています。どの職種であってもお客様・取引先や上司・同僚など、多くの人とやり取りをしながら仕事を取り進めて行くことが多く、自分や相手の想いを実現するためのコミュニケーション力が必要です。また、右記図の通り、達成指向性・徹底確認力・チームワークという能力を私たちと仕事を通じ高めて行ける人を求めています。

全ての力を持ち合わせている人などいませんので、入社後の新人研修、職場OJTプログラム他、社内教育制度を利活用し、個別の能力を高めていただきたく思います。また、当社で活躍している人の共通点(強み)としては、「コミュニケーション力をベースに、職場でのチームワークを重視した仕事に取り組める人」そして、「分析的思考力や一歩先を見通した行動力を発揮し、様々な困難があっても粘り強く目標を達成できる人」です。繰り返しになりますが、初めから全てを兼ね備える人はいません。当社に入社いただいた後、仕事や研修、お客様や先輩社員と接していく中で、成長いただきたいと考えています。

選考の流れについて

当社では、現在オファー型とエントリー型の2種類の選考プロセスを準備しています。標準的な選考プロセスについては下図のとおりです。(下記は一例となります)

拡大する

社員教育について

当社では従業員の皆さんひとりひとりを最重要経営資本と位置づけ、「人財経営」を人財経営委員会活動を中心に鋭意推進中です。これまで階層別、テーマ別研修を個別カリキュラムに基づき実施してまいりましたが、これまでの教育プログラムを体系化し「企業内大学(イージーエス大学)」として、 22年度から開校の運びとしております。

拡大する

そして、新入社員の方には、定着化対応含め3年程度の育成プログラムを準備しております。

拡大する
1.新入社員集合研修(1週間程度)

企業理念や将来ビジョンのご紹介、事業動向の解説に加え、「環境想造事業」の概要や、社会人ビジネスキルについて学べる機会を提供するとともに、同期間の交流も深めていただきます。また入社2~3年目のフォロー研修についても、段階的に履修できる体制を整えております。

2.未経験から学べる各種基礎知識講座

産業廃棄物、リサイクル処理の「化学品関連の基礎知識」を学んでいただく「化学品基礎講座」や、当社の取組みとして重要な位置づけとしている「安全」や「コンプライアンス」の基礎学習といったベーシックな知識習得を目的としています。

3.キャリア別スキルアップ研修

各部の業務遂行に必要なスキル・資格等を一覧化した「キャリアパス」をベースとした個別スキル習得に役立つ専門カリキュラムを準備しております。

4.メンター制度の導入

また教育プログラムの充実化に加え「メンター制度」を準備しており、大きく環境の変わる会社生活の悩みや個別成長課題について先輩社員と交流し、解決を図っています。

〔イージーエス大学構想〕

拡大する

〔イージーエス大学構想のコンセプト〕

1.経営概念の浸透

当社の大切な価値観や考え方、今後の会社の方向性や実現のための戦略を共有、浸透させる。

2.期待される役割の理解

経営概念の実現・達成に向けて期待される役割や機能を認識する。

3.業務に必要な能力取得

業務成果を発現させる上で必要な能力を学び啓発する(業務遂行能力の向上)

必要資格について

入社する時点では、社内外での移動のためにあると望ましい、「普通自動車免許」以外には必要な資格はございません。
入社後に必要な資格については「キャリアパス」に示しており、 「資格取得支援制度」も充実しています。また皆さんが在学中に取りたい資格があればチャレンジしていただき、将来のキャリア形成に役立てていただければと思います。

〔 主な社員取得資格 〕

技術系資格

◆危険物取扱者、◆公害防止管理者(大気・水質・ダイオキシン類) ◆ボイラー技士 
◆毒物劇物取扱責任者 ◆高圧ガス製造保安責任者 ◆環境計量士 ◆衛生(工学含)管理者 ◆消防設備士 
◆造園施工管理技士 ◆土木施工管理技士… など

事務系資格

◆MOS各種(マイクロソフトオフィススペシャリスト) ◆日商簿記 ◆第一種衛生管理者 
◆メンタルヘルス・マネジメント検定 ◆キャリアコンサルティング技能士 ◆ビジネス・キャリア検定 
◆ITパスポート… など

0897-37-1233
〔 応募対応時間 〕
8:00~16:45 (土・日曜・祝日を除く)
エントリーフォーム